新型コロナウイルス(COVID-19)除菌消毒する業者とは?【日本全国対応可】

孤独死清掃

トップページ>孤独死清掃

新型コロナウイルス(COVID-19)除菌消毒する業者とは?【日本全国対応可】

昨今様々なウイルスや感染症などが発生し、様々な除菌方法の情報が飛び交います。
飛沫感染、エアロゾロ感染、空気感染などの専門的な言葉も飛び交います。
我々特殊清掃業者は消臭業者と言うイメージもありますが、実は除菌業者でもあるのです。
一番の対策は、家から出ず、会社も休業する事です。

それはわかっていても、会社の存続がかかっていたり、家庭の収入の問題などもあり経済活動を止める訳にはいかない事が実情なのではないでしょうか?
今回は特殊清掃業者が新型コロナウイルス対策をも視野に入れ提供する空間ハイブリット除菌についてです。
特掃隊ではできる限りの方々の不安を取り除けるように技術で貢献したいと考えております。
これから新型コロナウイルス予防策を講じる事を検討中の方は是非お読みください。

実際に新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応が出た、濃厚接触者が出た方はこちらの下の記事をお読みください。

濃厚接触者が職場で発生した場合の新型コロナウイルス対処方法とは?

 

料金や依頼の流れについて直ぐ知りたい方はこちら

新型コロナウイルス消毒作業方法の流れとは?

まず皆様に詳しい除菌消毒方法をお伝えする前に、
除菌消毒の作業の流れをご説明したいと思います。
新型コロナウイルスの除菌法方法は以下の流れで対応しております。

1.消毒作業前の室内空間洗浄(オゾン燻蒸)
2.除菌消毒剤によるふき取り作業
3.バイオ散布

詳しくは後半に詳しくご説明させていただきます。
特掃隊の提供するこの一連の新型コロナウイルス除菌消毒方法を【ハイブリット空間除菌】と呼ばせていただきます。
特掃隊では実際コロナ除菌消毒の最前線で活躍した業者が現場で培ったノウハウを元に施工方法を考えさせていただきました。

新型コロナウイルスが日本国内及び世界で猛威を振るっております。
新型コロナウイルスに有効な除菌方法について様々な憶測がなされております。

フェイクニュースも蔓延しております。
特掃隊メンバーは全国で特殊清掃業を営む業者です。
普段は人間の体液や腐乱した場所を清掃するスペシャリストです。
即ち、目に見えないウイルスや感染症を365日意識している集団です。

・現在世界保健機関(WHO)
・厚生労働省
・アメリカ疾病予防管理センター(CDC)

の3機関が認定した作業方法を主軸に特掃隊としてプラスアルファーした新型コロナウイルス対策を提供しております。

それでは、新型コロナウイルス除菌を考える方々に説明をしていきたいと思います。

 

【新型コロナ除菌消毒工程その1】オゾン燻蒸

新型コロナウイルスでは、一部ではエアロゾル感染である可能性が指摘されております。
空気中に飛び出している菌は短い時間で死滅すると考えれていますが、作業員が室内に入室する事に対しての不安が付きまといます。

その為、飛散している可能性のある新型コロナウイルスを除菌を行ってから本格的な作業に入ることが望まれます。

 

余談:そもそもオゾンって何?

オゾンは昨今では話題になっている殺菌消毒です。
オゾンの分解力はなんと地球上で一番とされるフッ素に次ぐ2位なのです。
消毒方法として良く見聞きする塩素系の消毒剤の役6倍以上と言われる高い殺菌力を持っています。

オゾン燻蒸の効果としてこんな事例も東京慈恵会医科大学の岩城教授の研究結果では、オゾンの枯草菌に対する殺菌効果を測定した石崎ら[1]の結果によれば140,000ppb(=140ppm)の高濃度オゾンに暴露されると、相対湿度50%の大気中では枯草菌に対して殺菌効果は少ないが、相対湿度が95%という高湿度では枯草菌胞子のほとんどが短時間で消滅する。枯草菌は、芽胞を持つ菌の一種で最も殺菌しにくい細菌として知られる。

細菌の周囲に水分があれば、オゾンが分解して発生した酸素原子と反応して生じたヒドロキシルラジカル・OHが細胞壁の周辺で作られる。
この酸化力は活性酸素の中でも最も強く[2]枯草菌の細胞壁ですら酸化して破壊し、菌を死滅させる。

引用元:http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06003/06_5.htm
オゾン脱臭に伴う危険性について
岩城隆昌(東京慈恵会医科大学総合医科学研究センター助教授・東京都獣医師会会員)
阪田総一郎,漆谷昌己,上村 泰(高砂熱学工業(株) )

 

このようにオゾン燻蒸を紹介しています。
オゾン燻蒸は菌自体を分解する強い力を持っているのです。
消臭器として特殊清掃現場で使用するオゾン燻蒸は消臭だけでなく除菌効果も非常に高い物であるのです。

ここで質問!新型コロナウイルス(COVID-19)にもオゾンは有効?

昨今TV、新聞で連日報道されているコロナウイルスについて、誤解を招かない様に書いておきたい。
オゾンで新型コロナウイルスを除去できるか?
答えは【NO】としておきます。
何故ならば、新型コロナウイルスでの研究データが無いからです。
不確かな物だからこそNOとしておくべきでしょう。

しかし、通常のコロナウイルスには有効でありました。
また、巷をにぎわせた、SARS,MERSも共に【SARSコロナウイルス】【MERSコロナウイルス】であり、コロナウイルスの一種であります。

そのどちらにもオゾンは有効な消毒方法であるのです。
その為、消防車や様々な公共機関ではすでにオゾンによる除菌を取り入れていたり、プロ野球チームでもオゾンによる菌の不活化を進めております。

※日本から中国にオゾン発生器が寄付されました。記事はこちら

オゾン除菌時間はどれくらい見ればよいの?

通常、病原体には不活性化する為の基準値があります。
基準値をCT値と言います。
そこでちょうど良いCT値についての記述がありましたので引用させてもらいます。
※カイコーポレーションサイト引用

新型コロナウイルスを不活化するCT値とは

コロナウイルスの検体は当然ながらバイオハザードの観点から入手できません。
よって、コロナウイルスに特性が似ているといわれているインフルエンザウイルスを使用した実験のデータをベースに試算しています。

不活化データ:CT値=60

条件:対象空間の容積(m³)を 25 m²×2.5m(高さ)とする
湿度:60%

このようにCT値が説明されています。
特掃隊メンバーが使用するオゾン発生器では病室、客室、他にも様々な施設で役1時間程度で完了できます。

 

【新型コロナ除菌消工程その2】薬剤ふき取り

WHOや厚生労働省で良く推奨される除菌方法です。
現在の日本国内のスタンダードな新型コロナウイルス除菌方法と言えるでしょう。
使われる消毒剤は次亜塩素酸(500PPM以上)若しくはエタノール(消毒用70%)が推奨されています。
※同じ製品名でも希釈率や濃度が違えば効果は得られませんのでご注意ください。
薬剤を用いて、手が触れるであろうドアノブ、手すりなど様々な物体に散布して清掃を行う方法です。
一番オーソドックスな方法であります。特掃隊では新型コロナウイルス対策として、一番重要であると考えております。
その為特掃隊では、全スタッフに新型コロナウイルスに対応する為の教育を行ったうえで対応しておりますので
ご安心くださいませ。
それではWHO、CDC、厚生労働省が認定した作業方法を提供した経験のある特掃隊の除染方法を説明してまいります。

1作業員の除染場を設置する。

現場に入室した作業員がそのまま外に出ましたら、靴の裏、防護服などに
付着した新型コロナウイルスをまき散らすことになります。
まず、作業員ので配する場所を決めて除染する事が必要です。

2作業着に着替える

作業着を着る事にもしっかりと順番があります。
防護服を着る→マスクを着用する→ゴーグルをつける→手袋を2重でつける

3高所から消毒開始

新型コロナウイルス対策と聞くと、皆さま噴霧器でバーっと吹くだけと思われている方もいらっしゃいますが、
実際に有効な方法はふき取り作業です。基本的にはコロナウイルスの飛散状況を考えると、目線から約1メートル
程度までをふき取ります。その際には注意点が2つあります。
〇薬剤をウエスにつけて、ウエスを絞らず大量に!
〇拭き掃除は一定方向に行う。
以上です。
※布ものなどはコロナウイルスが奥までしみこむわけではなく付着しています。
表面を拭く掃除する事で対応しています。

4低所に消毒剤散布

低い箇所は膝上程度までと言われておりますが、特掃隊では念を入れまして全てふき取りを行っています。
※床のカーペットなどは薬剤を散布し、カーペットクリーナーなどで対応します。

5退出作業

退出作業は一番気を遣う工程です。この工程にミスがあれば新型コロナウイルス除菌は失敗であります。
工程1番で決めた除染場所にて以下の手順で行います。

靴の裏の除染→手袋の外し、→ゴーグル外し→防護服外し→マスク外し→手を消毒

この流れになります。退出工程には一人監視員を設置して、ミスがないかチェックすることが原則です。
※脱ぎ方にもルールがありますが本記事では割愛いたします。

 

【新型コロナウイルス除菌工法その3】 バイオ散布

特掃隊のハイブリット除菌の最終仕上げは【空間整える】バイオです。
新型コロナウイルス除菌業者でこのバイオを提唱する業者は特掃隊が初であると自負しております。
空間整えるバイオとは?と思われる方に空間と最近のご説明からさせて頂きます。

 

1、除菌前は満員電車

満員電車をご想像ください。客室内に入れる人間の数は一定数です。
薬剤除菌、オゾン燻蒸前には満員電車状態でしたが、除菌を行う事で、悪いウイルスや菌がいなくなりました。
もちろん新型コロナウイルスもです。
すると電車の中はスカスカです。一定量の無菌空間ができてしまいます。

 

2、除菌後はスカスカで無防備状態

スカスカの電車であれば、次の駅でどうなるでしょうか?
空いてる空化に大量に人が乗ってしまいます。
そうなると元の満員電車の戻ります。
これは除菌の世界も同じです。スカスカの空間にまた悪い菌やウイルスが入り込みます。

 

3、無防備な状態で失くす。

そこで特掃隊では電車の中に悪い菌が入り込めないようすればよい!
と考えます。電車が満員であれば新たな乗客は入れないですからね!
電車の中に善玉菌を増やして、満員にしておけば、悪玉菌が入りづらくするのです。
これこそまさに【空間を整える】と言う発想です。

生物界は全てにおいて、様々なバランスで出来上がっています。
一方が増えれば、一方が減る
自然の摂理です。その摂理に合わせて、空間のバランスを整えるのです。

特掃隊で使用するバイオはカイコーポレーション製バイオエアです。
大手の飲食チェーン、デパート系列、一流ホテルなどでも採用されている。
現在一押しの空間除菌剤です。

「空間除菌+整える」と言う考え方

上記までの記事でお分かりいただけたように、除菌するだけでは、無防備な状態を作り出すだけです。
その場は良いのですが、後から無意味になってしまいます。
その為に特掃隊では、最新の薬剤、考え方を取り入れた新型コロナ除菌方法を提唱しております。

 

新型コロナウイルス除菌消毒業者を利用する方はどんな人?

ズバリ! 飲食業、旅館ホテル、介護施設、商業施設

などの方にお勧めであります。何故なのか?

企業の信用=売上だからです。

2020年2月28日現在ではコロナウイルスなどの対策で有名な企業や、TDL、USJなどのアミューズメントパーク、多くのイベントの中止!など多くの報道がなされています。
その経済損出は計り知れません。
新型コロナウイルス除菌を業者に依頼しなければ、経済活動自体を営めない状況であるからであります。

特掃隊の新型コロナウイルス除菌でピンチをチャンスに変えませんか?

店先にアルコールを設置したりする職場や飲食店は多くあります。
もはや当たり前であります。

現在WHOや厚生労働省が推奨する除菌方法を実施する事は、企業として当たり前であります。
そこから更に一歩踏み込んでレベルの高い除菌業者を利用する事でこんなメリットが得られます。

  • 宿泊施設→どちらのHOTELにするか悩んだけど、しっかり除菌業者が対応している方が安心だな!
  • 飲食店→外食したいけど、いつものあの店はしっかり除菌しているからいつものあの店で食事しよう!
  • 工場、オフィス→従業員の家族にもしっかり最先端の除菌を用意してくれるから安心して働ける!
  • 高齢者施設→入居者は元より、そのご家族にもできる限りの対策を取る事は、リスクマネージメントの面で重要である。

特掃隊は技術で社会貢献を追求しています。
日本のピンチな現状を技術で信頼に変えるお手伝いをしています。

新型コロナウイルス除菌消毒のついてのあとがき

特掃隊メンバーは数多くの特殊清掃現場のノウハウを元に多くの新型コロナウイルス除菌消毒現場をを経験しております。
そこで培われた技術を生かして、国難ともいえるこの状態を少しでも救えれば?と思っております。
ご興味ある方や、ご依頼をご検討の方は、ご一報くださいませ。

また、皆様が安心してご利用いただく為に特掃隊では空間除菌を提供した、企業様、施設様などがお客様に
除菌消毒済みをアピールできるように下記のような室内空間除菌済みプレートを作成しました。

お客様に通常の除菌よりもハイレベルな空間除菌方法を簡単に説明しています。

一目で分かるように【室内空間除菌済み】とアピールできます。
この他にも、店前などに出すのぼり等もご提供できますのでご安心ください。
新型コロナウイルス除菌業者に依頼したのならばこそアピールしたいと言うクライン様に合わせて作成していますので、ご必用の方はお申し付けください!

 

特掃隊の新型コロナウイルス除菌消毒エリアについて!

特掃隊では日本全国で対応いたしております。
新型コロナウイルス除染作業経験がある特掃隊メンバーを管理者に据えて日本全国の特殊清掃業者とJVを組んで、一件でも多く、早く除染をできる体制を整えております。
迅速な対応をご希望な方は是非特掃隊にご相談ください。

特掃隊メンバー紹介

〇北海道東北エリア
株式会社リスクベネフィット

〇宮城、茨城、栃木エリア
SWEEPES

〇栃木北関東エリア
エヅリン

〇千葉、埼玉、東京エリア
エバーグリーン
ほっとアルファー

〇神奈川、静岡エリア
株式会社リスクベネフィット

〇愛知東海三県、北陸エリア
株式会社レリック

〇大阪、兵庫関西一円
株式会社メモリーズ

〇岡山広島、中国四国エリア
株式会社ラスティック

〇福岡、大分九州エリア
株式会社NICOBIT

全国に主要メンバーを配置して日本全国の新型コロナ除菌消毒を対応しております。

 

【動画】陽性反応が出た際のコロナ除菌の注意点

 

 

新型コロナウィルス受付
新型コロナウィルスに対応できる技術※のある特殊清掃会社を全国手配いたします。
※アメリカ疾病センター(CDC)世界保健機構(WHO)厚生労働省の認定した新型コロナウイルス対処方法
発生前の事前予約を頂く事で直ぐに対応できる体制を整えます。
相談は無料ですのでぜひ、ご相談ください。

現在ご相談・ご質問が急増しております為、緊急の場合のお電話が繋がりにくくなってしまっております。
緊急の場合はお電話で、ご相談の多い内容をPDFの資料にまとめましたので、まずはPDFをダウンロードをお願い致します。
PDF資料は新型コロナウィルス専用フォームより送信いただければ、自動返信メールに資料ダウンロードURLが記載しておりますので、
そちらからダウンロード可能となっております。

現在電話が大変混雑しておりますのでお急ぎでない方は専用メールフォームよりお問い合わせ下さい。
(感染拡大を防ぐためにも皆様のご協力とご理解よろしくお願いいたします。2020年4月2日現在)
新型コロナウィルス専用フォーム

記事投稿者

株式会社リスクベネフィット
惟村 徹

ご相談・お見積り無料! 24時間365日お客様の困ったに対応します

新型コロナウィルスに関しましては、緊急以外は専用メールフォームのご利用をお願い致します。
(皆様のご理解・ご協力よろしくお願いいたします。)

0120-187-867
24時間受付 年中無休 即日対応