神奈川で増加する!?  万が一の為の孤独死物件回復フロー【特殊清掃神奈川】

24時間受付 年中無休 即日対応
0120-187-867

孤独死清掃

トップページ>孤独死清掃

神奈川で増加する!?  万が一の為の孤独死物件回復フロー【特殊清掃神奈川】

神奈川県では、高齢者のみの世帯がここ10年で7倍に増加しました。
こういった世帯は不慮の事故が発見されにくい為、県内の孤独死件数は今後増加していくことでしょう。

賃貸物件で孤独死が発生した場合、親族や積極的に動いてくれることは少なく
近隣の住人感情を考えると管理会社で対応を押し進めざるを得ないというのが実状であります。

しかし増加傾向にあるとは言え、孤独死対応に慣れた方は非常に少なく、
「関係者が手をこまねいているうちに、事態が悪化していた」という案件も珍しくはありません。
後に触れますが、孤独死は対応スピードが非常に重要なのです。

そこで本記事では、孤独死の清掃を進めざるを得なくなった管理会社様に向けて
発生からその回復までの大まかな流れを紹介させて頂きます。
発生時に参考にして頂くことで、必要な対応を把握できるほか、
事前に緊急時対応に組み込むことで、スムーズな問題解決の手助けとなれば幸いです。

 

また、孤独死に全般に関して知りたいという方はこちらの記事一覧もご覧下さい。

孤独死物件回復フロー

 

孤独死発生からの現状回復までの大まかな流れをフローチャートにしたのが上記の画像です。
プライベートな空間で発生する孤独死は、対応を進めるうちに想定外の事態が発生することが多いですが
上図に◇で示した事柄に関しては、どんな場合でも確実に確認し対応を進める必要があるでしょう。

これだけで対応を進めるのはまだまだ不安かと思いますので、
ここからは、要点の解説を進めていきます。

緊急性の共有と初期対応

孤独死が発生時、関係者で共有したいことは「事態が悪化していく」という点です。
遺体搬出後に残る故人の体液は、流れ広がると共に、害虫と悪臭の発生源となります。
時にそれは該当の部屋だけに留まらず、近隣の部屋にも影響を及ぼし、
近隣退去や現状回復費用の増大などの形で金銭的損害を発生させることとなるのです。

これを防ぐためには、早期の洗浄作業が必要であり、
多くの特殊清掃業者が体液洗浄や消毒、簡易消臭といった所謂【初期対応】を定額料金で提供しています。

事態の悪化を防ぐためにも、この作業だけは休日返上してでも実行に移すべきです。
24時間体制で受付を行う特殊清掃業者も多い為、孤独死発生が判明次第、
複数社に連絡して正確な金額と直近で対応な日時を確認、支払者からの了承を得ることです。

このタイミングで、遺品整理費用や消臭費用などを含んだ総額を確認したい と問い合わせる方も多いのですが、
汚染の進行具合や臭気の強さは、初期対応無くしては判断が付きにくく、正確な見積算出は困難ですので
初期対応とそれ以降を別作業として契約するなど、貴社システムに合うよう問題を切り分けることをオススメします。

また、初期対応とは言えせっかく専門業者に入ってもらうのであれば、利用するかどうかは別として
以降の原状回復までの作業見積書を依頼してみると、金額の参考になります
臭いの元である体液の除去後であれば、各作業の目途も見える為、信頼できる金額が提示されるでしょう。

 

状況と方針の確認

初期対応後は現場確認と再度の情報共有が必要です
実際に入室するか、初期対応業者に頼んで室内状況を把握しましょう。

孤独死のあったお部屋は、ゴミ屋敷になっていたり、禁止のはずのペットの飼育跡があったりと、
故人の抱える孤独死以外の問題もが散見されることも多いのです。

これに対し遺族や家主が「綺麗な部屋で人が倒れていただけ」というこちらのイラストのようなイメージを持っていると
以降の工程の所要時間や費用に対して、現場を見た人間との間で温度差が生まれ、不要なトラブルに繋がりかねません。

抵抗もあるとは思いますが、写真等用いて、情報を共有していきましょう。

イメージの共有後は、家主の意向を伺いながら以下の対応を選択していくことになるでしょう。
①遺品整理(残置物撤去) ②消臭 ③リフォーム

具体的には
解体や空き家化など、もう物件の使用を行わないならば①(①も無く初期対応のみで済ませることも)
原状回復を行い、再度貸し出しを想定するならば①と②及び③を選択することになります。

 

必要な対応が明確になったら合わせて、誰がどこまでを行い、誰が支払いの責を負うのかも決めなくてはなりません。
やり取りのある業者でも感染症リスクなどを理由に拒否される場合も多いため、
通常通り対応して貰えるのかも踏まえ、確認と見積もりを取る必要があるでしょう。

遺品整理に際しては貴重品の探索等も必要である為、「消臭してから遺品を片付けたい」という遺族も多いのですが、
遺品自体に臭いが染みついている為、基本的には遺品整理→消臭(現状回復)の流れが費用や時間の節約となります。

遺族での遺品整理完遂が望めない場合は、遺族の許可を得た上で、
選定した業者で対応し請求を遺族に行う などが現実的な対応となるでしょう。

初期対応を行ったことで、事態が悪化していくことは無くなりましたが、
再度賃料を得るという意味では、早期の対応が必要なことは変わりありません。

消臭か? リフォームか?

「リフォームすれば臭いが無くなる」
孤独死現場の現状回復に関して、よく言われる言葉であり、決して間違いではありません。

しかし、そのリフォームが本当に必要なものだけになっているか? は確認すべきポイントです。

確かにリフォームを行い、壁・床・天井と建具を入れ替えることで、臭いは無くなりますが、
その分の膨大な予算が必要となり、回復に時間を要してしまいます
月々の家賃から、その費用を回収できるのは何年先になるでしょうか?
現実的な年月でないのであれば、消臭も一考の価値があるでしょう。

特殊清掃業者の行う消臭作業は、汚染状況から解体の必要な箇所を判断し、リフォーム箇所を最低限に抑えることが可能です。
消臭作業料金は発生するものの、リフォームの予算と工期を短縮することで、総費用を抑えることができるのです。

現状回復の早期完遂はそのまま、家賃発生を早めることに繋がりますので、
リフォーム箇所が広く工期が長いほど、消臭作業を検討に入れる価値があると言えるでしょう。

消臭作業に関しては、特殊清掃業者の腕の見せ所であり、料金もかなり幅がありますので
こちらの記事を参考に業者選びを進めて頂ければと思います。

本当に臭いは無くなるの?

孤独死の原状回復で皆さん心配されるのが、仕上がり時の臭いの有無です。

一度でも体験した方は「この強烈な臭いが本当に無くなるのか…?」と思われるのでしょう。
また、嗅覚は記憶や感情に影響を受けやすい為に、悲惨な現場を見たり、イメージしている方は
何時までたっても臭いが残っているような錯覚に陥ってしまうのです。

この錯覚状態にある方を、原状回復完了の判断基準とした場合や、
近隣の方のイメージが強い場合には、ありもしない臭気への対応を迫られることになってしまいます。


そのような事態を防ぐため、日本特殊清掃隊では臭いの「見える化」を導入しました。
24時間体制で、臭気データを収集し解析することで、臭いの状況を正確に把握すると共に、関係各位への説明も簡便なものとすることが可能です。
上記のような錯覚に陥っている方も、キチンとしたデータを提示することで
ご納得頂ける為、精神的な影響の大きい孤独死現場の対応には必須となることと思います。


実際に孤独死現場で測定したデータを紹介した記事もごさいますので、
孤独死発生から起こる臭い問題を、スムーズに解決したい場合は
日本特殊清掃隊にお任せ下さい。

 

ご相談・お見積り無料! 24時間365日お客様の困ったに対応します

0120-187-867
24時間受付 年中無休 即日対応